« 2012年4月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年5月

2012年5月31日 (木)

エルワ川のダム撤去に日本も学ぼう!

artエルワ川のダム撤去はエルワ川再生プロジェクトの一環

1000近くのダムが撤去されているアメリカにおいても、大型ダム撤去に突入したのは、去年の9月から撤去工事が始まったエルワ川の2つのダム-エルワダムとグラインズキャニオンダムが初めての事例となります。(詳細は過去ブログをご参照下さい)

川の規模も撤去された2つのダムの規模も、球磨川と撤去予定の荒瀬ダム、及び上流の市房ダムの規模とそう変わりません。しかし、エルワ川のダム撤去と球磨川のダム撤去を比較すると、その目的や撤去の過程、撤去に関する関心の高さなどについては大きな開きがあります。

一番の違いはエルワ川のダム撤去が、ただ単に老朽化したダムを撤去するという撤去だけを目的としたものではなく、エルワ川の再生のためにはダム撤去が必要だと判断していることです。そのためにダム撤去がその費用の5~6倍を再生事業に費やすというエルワ川再生計画の一環となっています。

そのために、モニタリング調査も河口域も含めたエルワ川流域全体に及んでいます。サーモンの追跡調査やカワウソの生息域の変化の調査など生物のモニタリング調査の対象や範囲も多岐にわたります。このタム撤去で得られた様々なデータが、今後のダム撤去を含む河川政策に大きな影響を与えるだろうと、行政のみならず多くの研究者が注目する現場となっています。

こういう調査以上に荒瀬ダム撤去の現場からみて、羨ましいのは、このダム撤去が貴重なデータを得る機会だという視点だけではなく、住民や行政が全米初のダム撤去をどれ程楽しみにしているのかをうかがい知ることができる多くの取り組みです。

そのいくつかを紹介です。

art展示会「River Story」開催

6月1日から9月末まで、4ヶ月にわたって、エルワ川の再生をテーマに絵画や彫刻、写真、様々なアート作品の展示会が開催されます。ダム撤去の工事と並行して、明日からの開催に向けて地元はその準備に全力をあげてきました。地元や国内の有名なアーティトの作品が展示される予定です。詳しくは、HP:River Story on Exhibit をご参照下さい。

1↑昨年9月11日の撤去祝賀会の会場のスタージに利用された作品や多くのアーティストの作品が展示される予定です。2

xmasダム湖後の裸地への緑化事業

ダムの撤去作業と並行して、水位が下がって出現する裸地を緑化するための準備が2006年から進められてきました。オリンピック国立公園のスタッフだけでなく多くのボランティアの手によって、在来植物の種の採取や播種作業、ポット苗づくりを実施してきました。

今年植えた植物が根付いたという出来事がニュースで取り上げられていましたが、水位が下がって外来植物の侵入を好き放題に許している荒瀬ダムの現場からみると、とても羨ましく思うと同時に、自然を再生することに対する両国の姿勢の違いを改めて認識せざるをえませんでした。そのニュースの内容を簡単に紹介です。 Peninsula Daily News 2012 April 1

=ダム湖だったところに在来の植物が根付く=

去年の11月から3月、植物の休眠期間中に植えられた種が秋に成長を始めると、いろんな調査が実施され、どこにどのような植物を植えるのがいいのか、緑化に必要な種を決定するのに役立てられる。地元のワシントン大学や他の大学の大学院生たちが、植物名のタグつけ作業をしながら、再生計画をたて実行しているが、同時に観察や学習の機会となっている。

4月になるとエニシダやヒメフウロ、日本原産のタデの仲間、外来のブラックベリーなど、歓迎されない外来種が侵入を始め、除草作業や除草剤の散布が必要になる。これらの作業がエルワダムのダム湖、及びグライン図キャニオンダムのダム湖だったっところ、及びその中間地点で続けられている。

libra環境教育の場としての利用

エルワ川は現在、川の再生に関する環境教育の場として様々なプログラムが企画され、国内外の学生たちを受け入れています。

=学生たち、エルワ川研究所で調査= 

Students explore Elwha River 'laboratory'

先週、シアトルの高校2年生30名がオリンピック公園に付随している科学ハンズオンラボで週を過ごした。河川生態学に関係する科学技術を学べる施設である。学生たちはクララム族の養殖サーモンに関するフォーラムに参加したり、水質の測定方法を学んだり、カヌーでの探検を経験したりする。

また、ダムサイトトから河口、またクラインズ・キャニオンダムとそのダム湖だったところに行く機会も与えられる。エチオピアから参加していた15歳の交換留学生は故郷に帰ったら、ここで学んだ河川生態学の知識を役立てたいと話した。諮った溶存酸素の値が、魚にとっていい状態ではあるが、理想的ではないこと、また、ダム湖に堆積した100年分の土砂がどのように排出されるかなどについて説明を受けた。

インストラクターのミラー氏は 「エルワ川の再生プロジェクトが、どの程度成功するか、またそれがはっきりするまでどの程度の期間がかかるのか誰にも分からない。それだけに科学の教育者にとってはまたとない機会になるだろう」と言う。

活動の休憩時間に二人の学生が熱心に議論をしていた。クララム族の人工孵化場が長期的にみて、川の将来にいいのか悪いのかということについてだった。一人の学生は、それで生計を立てている職業漁師のために早く数を増やす必要があると主張。もう一人の学生は「野生のサーモンが時が経てば、川にとってだけでなく、漁師にとっても長く良い結果をもたらす」と主張した。

それを見て、インストラクターのミラー氏は、学生たちが自分たちの意見を発展できる程に河川生態系について十分学ぶことができたと微笑んだ。

=====

これらの取り組みはエルワ川だけで可能というわけではなく、荒瀬ダム撤去の現場にも同じように与えられたチャンスに他なりません。折角の機会を十分に生かそうという発想が行政や事業者にないのは、大変残念ですが、住民レベルでも企画できるプログラムも十分考えられます。日本初の大型ダム撤去の機会を是非全国の皆様に生かした様々なアプローチを考えてほしいものです。

|

2012年5月28日 (月)

荒瀬ダム撤去フォローアップ専門委員会(第3回)

5月25日に、荒瀬ダム撤去フォローアップ専門委員会がありましたので、傍聴してきました。回を重ねるごとに、議論も活発になり、委員からの提案も反映され、モニタリング調査の方法や調査項目など段々改善されているように思えます。

簡単な報告です。

日時:平成25年5月25日(金)午前10時

場所:くまもと県民交流館 パレアホール

libra委員のメンバー

S_2


委員の数名の交代がありました。座長はこれまで同様県立大学の篠原亮太先生です。

この日は平成23年度のモニタリング調査の結果報告と今後の計画提案、それに関する質疑応答です。

libra平成23年度の報告(総括)

Ccf20120528_0000s

流水環境の回復が一番顕著と報告されている百済木川とは、荒瀬ダムの上流1km程上流左岸で球磨川に合流している支流です。ゲート全開前は、おびただしい土砂が堆積し、赤潮やアオコの発生などここが一番汚いところでした。土砂の除去作業もかなり行われてきましたが、ゲート全開後の水位低下で現在は上流からの綺麗な水が流れています。底生動物の種数の増え方も現在ここが一番顕著で、特にきれいな水を生息域とするカワゲラやカゲロウなどが大幅に増えています。。それに合わせてトウヨシノボリやゴクラクハゼ、ウナギ、アユなどの回遊性の魚類も確認できるようになっています。

それと、流水環境への回復の兆しが見られると報告されている西鎌瀬は、水位低下により出現した流水区間と今だダム湖になっている区間の中間に当たる地区で、鎌瀬という瀬が復活しています。広い河原も水位低下直後は表面を泥が覆っていましたが、今はレキ河原となっています。23年度の報告では「露出した陸域では今だ植物が定着せず自然裸地が多い」とされていますが、現在はかなりな外来植物が侵入しています。今後この地点の植生がどう変化していくかは、ダム建設前の河原を再生できるかという視点でみれば、興味深いところです。

libraアユの産卵場嬢の環境調査結果について

5箇所(遥拝堰下流、横石付近、下代の瀬、中谷場所上流、坂本支所付近)でアユの産卵に関する調査(八代河川国道事務所報告書)結果の報告がありました。それによると、どの地点、どの調査日においても「卵確認されず」とあります。県においては、調査地点の紙跡や粒度組成の調査は行なっていますが、産卵の確認に関する調査は実施されていないようです。

流域住民が球磨川の再生を望む大きな理由の一つはアユの再生です。産卵の確認に関する調査をして始めて産卵場が再生されたといえるので、是非調査を実施してほしいものです。また、アユが増加するかどうかは、産卵された孵化した仔魚が無事海まで下って、翌春遡上してくるかです。産卵と翌年の遡上量の関係がわかるような流下調査なども下流で是非実施してほしいものです。

libra向きな姿勢を感じるフォローアップ委員会

回を重ねるごとに、委員の皆様も自分の専門以外の部分も把握されて来られているのだと思いますが、書く調査調査項目の調査地点のズレやに対する指摘や生態系という広い視点でのご意見も多くなってきました。個人的な意見ですが、今回の委員会でいいなと思ったところを記述してみました。

・企業局の説明担当者も回を追うごとに、現場の状況を把握して、勉強して会議に臨んでいるのが分かる。委員から出される提案や質問に対しても、きちんと対応しようとしているのが分かる

・情報開示に関するメモが配布されたが、モニタリングの調査の生データや工事及び調査の報告書も希望に応じて対応するとの明記がある。また、今後ライブカメラの設置を検討するなど、情報開示を積極的に行おうとする姿勢は評価できる。

・委員からも個別の調査のみにとらわれることなく、各調査対象の関連が分かる相関図を求める意見や、物理的環境と生物的環境の相関がわかるような調査ポイント・時期の剪定を求める意見がでるなど、生物の多様性の回復の検証につながるような意見が多く出されている。

・アメリカのエルワダム撤去の紹介も委員からあったが、日本初のダム撤去であるということを認識した委員の発言もあり、この委員会のムードがいい方向に向かっている印象を感じた。

libra今後、改善してほしい点

モニタリング調査は、あくまで撤去工事が河川に与えるマイナスノ影響の把握とそれを軽減するための調査になっており、この調査の結果を球磨川や干潟の再生のためにどう生かすかという視点がないのは残念なところです。そのために調査の範囲も瀬戸石ダムから遥拝石までに限定されています。実際、干潟をみていると、下線部分より干潟の変化が顕著であるように思えます。

また、現場の声が調査に生かされる仕組みができておらず、傍聴はできるものの意見を言える場すらないのも残念なところです。住民代表を参加させるとか、地元でモニタリング調査の説明会を行い、そこで意見を伺うという手続きもほしいところです。

libra平成24年度の工事計画

Ccf20120528_0004s


本年度から始まる工事は、水位低下維持装置の設置から始まりますが、現在工場で門を製作中とのこと。完成次第現場でゲート設置と放流路の掘削などを行い、来年の3月ぐらいからこの設備により水位を低下させるそうです。また、来年に入ると、一番右岸のゲートの撤去に入ります。

ともかくも、いよいよ始まるダム撤去に地元の期待は膨らんでいます。

|

« 2012年4月 | トップページ | 2012年7月 »