« 流域県学会、研究発表会、6月11日開催 | トップページ | もうすぐダム撤去開始ー荒瀬ダム待ち望む声看板に »

2011年6月20日 (月)

荒瀬ダム撤去フォローアップ専門委員会第1回会議開催

5月24日、第1回荒瀬ダムフォローアップ専門委員会が県庁AV会議室で開催されましたので、傍聴してきました。遅ればせながらの報告と感想です。

tulip荒瀬ダム撤去フォローアップ専門委員会の目的と問題。

目的は「荒瀬ダムの撤去にあたり、治水面及び環境面のモニタリング調査結果について評価・検証を行いながら、より安全かつ環境に配慮したダム撤去を実施するため、荒瀬ダムフォローアップ専門委員会を設置する」(設置要領より)となっています。

確かに撤去を安全に進めるために、このような委員会は不可欠です。しかし、あくまで撤去だけが目的になっており、その後の球磨川をダム建設前の状態に持っていく、すなはち球磨川の再生をどうするかという視点がないために、地元からすると、その調査の方法・検討過程は満足がいくものとはなっていません。

また、今回の委員の構成は殆どが県内の専門家で構成され、荒瀬ダムの問題を身近なものとして、かつ客観的にみている方たちが多いということで評価はされると思います。しかし、現場を知っているもののは少なく、現場の感覚とかけ離れたところでの説明や質疑になっている部分もあることは否めません。少なくとも現場に詳しい地元委員の参加が必要です。また、少なくとも傍聴者にも意見が言える機会が求められます。

第1回目の今回では、ゲート全開後BOD,底生生物や付着藻類において、かなり環境が改善されたと思われるデータが報告されました。

荒瀬ダム撤去フォローアップ専門委員会 第一回配布資料及び議事録

note今回の報告で分かったこと

①BOD、PHはゲート全開後下がっている。

②ダム湖が流水区間にでは底生生物ではトビゲラ目、カゲロウ目が種類、量とも大幅に増えるなど、水質や底質が改善されたことを裏付ける結果となった。

③底生生物の貴重種と位置付けられているウスイロオカチグサ、モノアラガイは撤去による影響があると予測されたたま、移植を試みているが、移植先での確認は全くないか、著しく減少している。移植先に以前から生存していたかの確認がないままの移植は問題である。

このことについては委員会からも、「頼むから、これ以上いじらんでそっとしておいてくれ」と意見があった。

④付着藻類では、硅藻、緑藻が大幅に増加していた。

note今回の報告で疑問に思ったこと

①濁度の調査報告があったが、出水時の濁度のみの調査に終わっている。平常時の濁度について連続した調査が必要である。

②水質定期観測においても、報告は「環境基準を満たしている」「出水に伴い上昇」などの記述が多いが、私たちはダムゲート全開前との比較やゲート全開後の変化を知りたいのである。

③堆積物の粒度分布は、ダムゲート開放後の今後の検討のための基礎データとするとして、60%代表粒径で比較検討しているが、この調査の結果をどう分析するのかとても分かりにくい。→これについては、大本委員からも「このデータだけからだったら、物理的考察が全くできない」という意見があっています。これも、住民が何を知りたがっているか、そしてそのためにはどのような調査が必要になるのかという事前の検討が不十分なため起こるものです。

④植物の調査は、メハジキ、カワジシャ、ミゾコウジュなど、「重要な種」についてのみの調査に終わっている。これは委員からも、「生物相とその生育環境の調査が必要」と指摘されている。

このメハジキ、ミゾコウジュの確認地点は、ダムの下流であり、建設前とはその景観は大きく異なっている。地元からすると、ダム建設前の植物の繁殖状況について、聞き取りやデータの収集を行う必要がある。

noteその他、委員からでた意見

このメハジキ、ミゾコウジュの確認地点は、ダムの下流であり、建設前とはその景観は大きく異なっている。地元からすると

●佐藤:球磨川にはクマガワリンドウだとか、クマガワナンテンハギとか幾つか固有の植物があり、こういう重要な植物などは、ここではなくなる、もうないという状況になりかねない。そういうことも含めて、今後は十分配慮していあtだきたい。

●西野:元々そこにこの種がいたのかいなかったのかという調査をしないで、移植されてしまっているのか問題。

●大本:礫上で、微細土砂がどういうふうな堆積状況にあったかということについて、データが取られていない。

●大本:付着藻類でクロロフィルあの量がでていない(→調査してなかった)。

●大本:(「BODについては、球磨川全体で良かったので、ゲート全開でこうなったということは言えない」という事務局の説明に対し)同一の条件下でどういうふうな変化があったか見ることができるようにしてほしい。

●河床材料を取るところと、生物相を取るところが必ずしも一致していない。物理環境と生物環境の調査場所が少し違う。

===

この委員会は2時間しかありませんが、その半分が事務局による資料の説明です。事前に資料は渡して、個々の委員で十分検討してもらって、当日は議論してもらうということにすると、十分な質疑ができるのではないかと感じました。

|

« 流域県学会、研究発表会、6月11日開催 | トップページ | もうすぐダム撤去開始ー荒瀬ダム待ち望む声看板に »

荒瀬ダム問題」カテゴリの記事