« 荒瀬ダム撤去工法に関する説明会開催(平成23年1月) | トップページ | 球磨川沿いを歩く(1)坂本駅~深水橋 »

2011年1月24日 (月)

球磨川の天然・天日干しアオノリ、格別な逸品!

clover寒さの中のアオノリ採取…生育順調!

球磨川河口近くでは、今アオノリが順調に伸び、極寒の中、採取作業が行われています。アオノリは養殖もしていますが、やはり天然・天日干しアオノリは、味・色、香りともに違います。毎年の天候や水質に大変左右され、採取量も少ないため、なかなか入手困難ですが、球磨川を守る活動を続けている「やつしろ川漁師組合」では、今年なんとか販売こぎつけることができました。

clover是非、球磨川の春の恵みを味わい下さい。

注文用紙はこちらから。もしくは、mouri.sy@sepia.plala.or.jp まで。

※このアオノリの売り上げはすべて、球磨川を守るための活動に使用されています。Photo_2

Photo 球磨川でのアオノリ採取風景です。球磨川のアオノリは3種類が確認されていますが、採取されているのは、スジアオノリが殆どです。寒い中、腰まで水に浸かっての作業です。今年に入って、急に寒い日が続き成長は良くなったのですが、天候が悪いため、天日干しに拘る漁師さんは採取作業ができない日が続きました。天日干しと機械乾燥では、風味、香りが全く違います。

Photo_3アオノリ採取ができるのは干潮の時間帯です。しかし、冬のこの時期は、昼間の干潮時はあまり潮が引きません。そのため、漁師さんによっては、深夜に採取を行います。採取をしたら、何度も洗い、日に干しますが、洗ってしまったら、すぐ干さないと商品価値はなくなります。採取する日が晴れていても、翌日が雨だと折角のノリが無駄になってしまいます。翌日が晴れると思ったら、前日は雨天でも採取をする場合もあります。いつでも乾燥できる機械乾燥に、比べ手間・暇が驚くほどかかっています。

こうやって出来上がった天然・天日干しのアオノリは、本当に希少で、たぶん八代市外の店頭に並ぶことはないと思います。この季節、わざわざ求めて、食卓に乗せて味わう価値のある逸品だと思います。

|

« 荒瀬ダム撤去工法に関する説明会開催(平成23年1月) | トップページ | 球磨川沿いを歩く(1)坂本駅~深水橋 »

球磨川」カテゴリの記事