« 球磨川河口干潟をラムサール条約登録地に | トップページ | 荒瀬ダム撤去工法に関する説明会開催(平成23年1月) »

2011年1月 2日 (日)

瀬戸石ダムが水位を下げて、戻った清流

瀬戸石ダム上流に多くの瀬が復活!

瀬戸石ダムは荒瀬ダムから10km程上流にあるダムです。その瀬戸石ダムが今護岸の修復工事のために水位を下げています。荒瀬ダムも昨年の4月がゲート全開しているために、瀬戸石ダムから下は、7つの瀬が復活し、格段に水質が良くなっていますが、上流に瀬戸石ダムがあるために、水質の改善には限度があります。

しかし、その瀬戸石ダムが2カ月程前からゲートを全開しているために、瀬戸石ダムの上流も下流も大変水質がよくなっています。

今回は、瀬戸石ダムのダム湖だったところに限定して、写真で紹介します。その写真もダム湖だったところですが、多くの瀬が復活しており、どこも5~6mほどの川底まで澄み切ってみえます。碧い、碧い球磨川の復活ですが、もしかしたら川辺川よりきれいかもと思わせます。しかし、これも2月いっぱいとのこと。P1090959s

P1090953s

P1090933s

Photo

|

« 球磨川河口干潟をラムサール条約登録地に | トップページ | 荒瀬ダム撤去工法に関する説明会開催(平成23年1月) »

瀬戸石ダム」カテゴリの記事