« 玉淀ダム撤去問題ー荒瀬ダムに続け! | トップページ | 杜撰な路木ダム計画② »

2010年11月11日 (木)

川辺川上流の五木ダム計画再浮上

aquarius再浮上した五木ダム問題の現状について

S_3 上は五木ダムの完成予想図です。

五木ダムは、川辺川上流の宮園・竹の川地区を洪水から守るために、昭和43年に計画された県営の治水専用ダムです。確かに、昭和38年~昭和40年と球磨川流域は大水害に遭っており、これが発電専用ダムとして計画され頓挫しかかった川辺川ダム計画を多目的ダムとして復活させた一因にもなっています。

その後ダム事業のための調査や流量の決定法など川辺川ダムと一緒に行われ、また漁協との補償交渉も五木ダムと川辺川ダムはセットで行われてきたために、県民の間には五木ダムは川辺川ダムの副ダムであると思われてきました。

また、平成15年、平成20年の熊本県公共事業再評価委員会において、川辺川ダム計画の行方が不透明になったことを理由に、本体に関する審議を保留したために、事業が事実上凍結されたと思った県民も多いダムです(実際、凍結という言葉を使用したマスコミもいる)。

実際の再評価委員会の結論は、本体に関する議論を保留しただけで、事業そのものは継続との結論を出しています。その理由について、潮谷前知事は同年11月県議会において「五木ダムの再評価については、流域が川辺川ダムと重複するために、治水計画量を決定する際の森林保水力の評価法が、川辺川ダムを考える住民討論集会において論議中の手法と同じであることから、ダム本体については評価を保留としました」「ダム事業全体としては継続と評価しました」と述べています。

平成20年における再評価委員会においても保留となり、事実上眠っていたダム計画ですが、政権交代により、ダムの見直しが始まり、この五木ダムも対象になったために、新基準に沿った見直しが国によって求められると、蒲島知事は地元からの要望もあることも理由に、平成25年に予定されている再評価委員会を待たずに前倒しして、来年度の再評価委員会にかけることを10月14日に表明しました。3 ↑五木ダムの位置

aquarius五木ダムの諸元とその問題

五木ダムは高さ61m、堰長132mの重力コンクリート式のダムで、治水専用の穴あきダムです。以下は、五木ダムの諸言で、球磨川漁協との補償交渉との際の配布された資料にあるものです。S_2

これでみると、洪水調整用量は320万㎥、堆砂容量は30万㎥です。しかし、それ以前に市民団体が入手した五木ダムのパンフには、洪水調整容量と堆砂容量が全く違っていることが分かりました。それぞれ、220万㎥、130万㎥となっています。総貯水量は350万㎥と変わりません。この違いは単なる記載ミスでは済まされません。根拠となったデータを示して県は説明をするべきです。

その他、五木ダムは治水上からも、地質上からも問題がとても多いダムです。このことについては、また次回報告させていただきます。

===>次回に続く

|

« 玉淀ダム撤去問題ー荒瀬ダムに続け! | トップページ | 杜撰な路木ダム計画② »

他のダム問題」カテゴリの記事