« 荒瀬ダム撤去工法等に関する意見募集への抗議 | トップページ | 撤去の際の水位低下装置は必要か? »

2010年7月 3日 (土)

球磨川と不知火海の恵みを味わうエコツアー

fish「もり・かわ・うみ・いきものバンザイ!ツアー 」

(財)自然保護協会が、ダム問題を抱える全国の4つの現場で、その問題点と自然の恵みを味わう「もり・かわ・うみ・いきものバンザイ!ツアー」を計画しています。その一団は8月6日から2泊3日で企画された川辺川(五木村・ダム建設予定地)→球磨川(人吉・荒瀬ダムサイト)→八代海をめぐる球磨川流域ツアーです。川辺川ダムや荒瀬ダムの問題点を学習すると同時に、川辺川でのシュノーケリング・アユ料理・球磨川下り・河口干潟観察会・船出浮(不知火海の幸堪能)と流域の自然を余すとこなく楽しめる、ちょっと贅沢で、自然の仕組みも学べるエコツアーです。個人ではなかなか計画できない企画ですので、この機会にどうぞご参加ください。

※日程の詳細、申し込み用紙等はこちらから

※参照:舟出浮き球磨川下り五木村

fish紹介>川辺川・球磨川(熊本)編

「尺鮎 宝あふれる清流、豊饒の八代海」

Photo

川辺川ダム計画中止と荒瀬ダム撤去・・・、全国から注目される最前線の現場です。ダム計画に翻弄された五木村から、荒瀬ダムゲート開放でさっそく変化のきざしが現れた八代海。この流域の全体を、知りつくした地元NGO のガイドによって川を楽しみ、美味しいシーズンを迎えた「天然鮎」を味わい、生物多様性の重要なキーワード「生態系サービス」を実感していきます。

この夏、本物の自然や生きものの営みにふれ、自然をつぶさない“ 人と自然の関係” を学んでみませんか。

期 間:2010年8月6日( ) ~8日(日) 2 3

定 員:20名(最小遂行人数18名)

参加費: 43, 000円(2 3 日、食事代、乗船代、バス代、保険料等)

集 合:JR 新八代駅東口(九州新幹線・鹿児島本線/熊本空港から連絡バスで約1 時間)集合6日12時45分、解散8日11時ごろ

案内役:つる詳子(環境カウンセラー)、田畑清霧(熊本県自然観察指導員連絡会)

主なプログラム:

・ダム計画で水没予定地とされた五木村を訪れ、現状を知る。

・趣きある老舗温泉「人吉旅館」の一夜、天然鮎を食べ、温泉につかる。

・急流名物「球磨川下り」で川のダイナミックさを体験する。

・河口干潟で、生きものから川と海の連続性を観察する。

・遊漁船「やつしろ船出浮(ふなでうき)」で、獲れたての海の幸を楽しむ、八代海の夕べ。

・「川辺川・球磨川・八代海のこれまでとこれから」をともに考える。

主催・企画: 日本自然保護協会(NACS-J

日本の自然を子どもたちに受け渡すため、自然のしくみを調べ・守り・価値を広める活動を全国2 万人の会員と行っています。半世紀以上の実績をもつ日本生まれの自然保護NGO。

共催:熊本県自然観察指導員連絡会

協賛・協力:パタゴニア日本支社

お申し込み方法

<申し込み先、申込に関する問い合せ先>

株式会社バカンスプロジェクト 担当:原口

860-0845 熊本市上通9-26-1FTEL096-212-6010 FAX096-322-5320 ricavp@me.com

営業時間:平日10:00 19:00 ( 土・日・祝日は休業)

<お申し込み方法>

別紙お申込書に必要事項をご記入の上、FAXまたはメール添付でお願い致します。トラブル防止の為、お電話での受付は致しませんのでご了承下さい。お申込後の変更等のご連絡も、FAXまたはメール添付でお願い致します。<申し込み締め切り>2010年7月20日(月)必着 (定員に満たし次第〆切

|

« 荒瀬ダム撤去工法等に関する意見募集への抗議 | トップページ | 撤去の際の水位低下装置は必要か? »

球磨川」カテゴリの記事