« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月29日 (火)

荒瀬ダム撤去後の地域の課題

present第1回荒瀬ダム撤去地域対策協議会開催

荒瀬ダムの撤去にあたっては、水位低下などに伴い、地域に新たな問題が生じます。実際、ゲートが全開され、水位が低下するとすぐに、一部の地域に井戸枯れが生じました。現在、給水車による給水活動が行われています。その他にも様々な問題が予想されるため、その問題把握や対応策を考えるための「荒瀬ダム撤去地域対策協議会」が設置され、6月29日第1回の会合が開催されました。

メンバーは、熊本県(副知事、企業局長、八代地域振興局長)、八代市(市長、市議会議長、企画振興部長、坂本支所長)、関係団体(球磨川漁協、八代漁協、鏡町漁協、土地改良区連合、南部土地改良区の代表)、住民代表(市政協力員7名)です。これまで撤去を求めるために運動をしてきた市民団体や環境団体の代表が入ってないのは、解せないところもありますが、地域の生活に密接に関係がある問題を主に協議するということが目的だとしています。

今日の協議会では、主に平成18年八代市から提出された要望書「荒瀬ダム撤去に関する諸対策について」の内容を元に、課題として熊本県が整理した項目とそれぞれに対する現在の取り組み「地域課題への取り組み状況」について説明があり、それに対する質問や新たな要望、問題の指摘などが委員から出され、それを今後改めて整理していくという認識を共有することを確認して終了しました。この協議会は平成23年度までの予定とし、今後は、各項目ごとに関係部局や関係団体と部会で協議し、次回の協議会にその結果を報告するということになりました。

present協議会で出された意見や質問など

これまで出された課題は、「地域課題への取り組み状況」に整理されてありますが、その後の2年間やゲート全開後に明らかになった問題もあり、委員からは様々な意見が出されました。今回は各意見に対してその都度協議をするというのではなく、問題解決のため、新たな課題も合わせて今後整理するための意見収集の意味合いが強いやり取りになりました。今日、新たに出された意見や質問の要約の主なものです。

委員:社会資本総合交付金から本年度は902万円が捻出されるというが、いくら要望した結果なのか。

事務局:本体撤去工事以外について計画書を提出した。初年度ということもあり、結果として百済木川の泥土除去や環境モニタリングの費用として902万円が提示された。今後も交付金の別枠など求めていく。

委員:遥拝堰上流の堆積が増えれば、利水に影響がある。その対策は。

事務局:異常な堆積はないと予想しているが、あった場合は国などと協議をしていきたい。

委員:私たちの目標は、昔の球磨川を取り戻すこと。そういう施策がほしい。

事務局:意見を踏まえで、もう一度再検討したい。

委員:以前は法面は、草が生えていて、滑っても川の水で怪我することはなかったが、今はコンクリで水もないので、滑って危ない。安全対策を考えてほしい。

事務局:現場を確認して対応を考えたい。

委員:撤去費用をみると、嵩上げ費用や水位低下維持装置で10億円を超えると思う。本当に必要な事業か。

事務局:下鎌瀬から中津道は、設計洪水量6550トンが来たら、撤去した場合でも冠水する。撤去してもすぐ水位は下がらないので、堆砂の除去と道路の嵩上げはする計画。また、まだダム上流には湛水区域が残っている。工事の邪魔にならないように、水をどちらかに流す必要がある。また、上流からの急激な流れ出しを防いだり、堆砂の除去もしやすくなる。平成15年の専門家委員会の時に、いろんな利点があるので、必要ということになった。

委員:藤本発電所をあとどうするのか気になる。

事務局:現時点では、一応解体して埋め戻すということになっている。荒尾市の産業遺産の例もあるし、今後どうするのかは、議論させてほしいとは思うが、現段階では撤去となっている。

委員:ゲート全開して、油谷川、深見川合流点は水の流れが早くなって、水が引くのも早くなっている。きちんと検討することが必要。

委員:昔は、2世帯に一つは川に下りる道があった。今は、テトラポットがあったりして、出水時の舟の管理など難しいので、進入路をつくってほしい。テトラポットもどうするか考えてほしい。

事務局:設置した道路管理者と話し合う必要がある。撤去しても護岸に影響がかいかどうか確認する必要がある。

顧問:出された課題を、早急に行うもの、撤去と同時に行うもの、撤去後にするものなど色分けする必要がある。八代の要望をます色分けして進めてほしい。

顧問:今行われている撤去技術研究委員会後撤去計画を策定するとあるが、この協議会の意見は反映できるのか。

顧問:環境調査は遥拝堰までとしているが、影響は不透明だと思う。八代海まで調査すべき。その辺は柔軟性をもって、撤去計画を策定してほしい。

顧問:地域の生活に支障がでないようにと地域対策を行うといっているが、地域対策費は総事業費に含まれてないという。30億足りないと言っているのに、地域対策はいくらかかるか不明。予算の担保はどうするのか。

事務局:飲み水は協議会が出来てからでは遅いので、先行させている。それ以外は国の事業としてできるのか、管理者としてするのか、まさに暗中模索。我々も悩みながらやっている。頂いた意見を整理していきたい。

present撤去計画策定に至る過程の問題点

地域対策協議会や荒瀬ダム撤去技術研究委員会の資料や内容をみると、撤去計画の策定するにあたっての問題点も浮き彫りになってきます。

住民の意見や疑問に十分応えた上での撤去計画の策定になっていないいうことが一番の懸念材料のように思います。地域対策会議に市政協力員が住民代表として出席することに異論はありませんが、市政協力員が地域や状況をすべて把握しているとも限らないし、住民が抱える多くの疑問や意見をすべて代弁してくれるとは限りません。これまでに、荒瀬ダム問題に取り組んできた地域外の市民団体や環境団体、また研究者の意見など幅広く聞いてほしいものです。

今日の説明でも様々な課題の対応について、「撤去技術研究委員会において検証」という説明が目立ちましたが、研究委員会の方の議事録や傍聴を通して、そういう議論が未だ行われていないものが殆どです。住民には「撤去技術研究委員会で検証している」と説明し、委員会では「住民の意見は地域対策協議会で聞いて、反映させる」と説明するようではいけません。地域対策協議会が次回開催されるのは、秋です。一方、委員会は7月には終了します。地域の意見を聞くことなく委員会は終了し、撤去計画が策定されるようなことはあってはならないことと思います。

また、本日より荒瀬ダム撤去に関する意見募集が7月14日まで実施されますが、県の現在の撤去に対する考え方も知らず、環境調査の報告等のデータ開示ないままで、どれ程の県民が意見を述べることができるかも疑問です。日本初のダム撤去です。多くの専門家や技術者の知恵を積極的に借りることも重要なことのように思います。

意見を本当に聞く気があるのでしたが、まず説明会を実施すべきです。また、研究委員会に反映させるというのでしたら、第2回委員会での配布資料や議事録の公開などが求められます。

|

2010年6月27日 (日)

荒瀬ダム撤去に際する砂礫除去の必要性について

virgo思った以上に流出している堆積土砂

ダムを撤去する場合において、堆積土砂の処理は大きな問題の一つであることは間違いありません。熊本県の撤去費用91.8億円(H20年PT試算)のうち、必要な堆砂土砂・」砂礫の除去費用は27.7億円に上り、すでに11.9億円が支出され、残事業費は15.8億円となっています(H20年試算時)。Pt_2  

確かに、平成14年撤去が決定した折にゲートが下げられ、露出した堆積土砂はヘドロで覆われ、そのすざましい臭いでダムサイトには近寄りがたい程でした。しかし、その後の泥土除去事業や平成14年度以降の冬季のゲート全開及び4月1日以降のゲート全開により、かなりな量の土砂が除去されるか、もしくは流下しています。

今後の土砂除去事業の内容は、堆砂対策(佐瀬野地区10.0万㎥。約3.4億円)、浸水被害軽減対策(鎌瀬・与奈久地区6.0万㎥。約3.9億円)、環境対策費(泥土除去9.5万㎥。約8.5億円)に上ります。

多くの地元の方のご意見を伺いましたが、みんな「後は自然流下で問題ない」という意見が殆どです。場所によっては、「ダム建設前と殆ど同じぐらいまで減少している」と言われます。こういう除去事業が必要かどうかも検討するのが、「荒瀬ダム撤去技術研究委員会」の役割の一つのように思いますが、現時点において、審議された形跡はありません。また、国からの技術面・費用面について話し合う「荒瀬ダム撤去に関する国と熊本県との検討会議」における役割とも考えられます。どう費用を支援するかだけでなく、その事業が本当に必要か否かについても、検証を重ねてほしいものです。

これまでの土砂除去事業においては、業者からの圧力に屈して必要以上の経費を除去作業に支出したという話も聞こえてきます。県は土砂除去について、その説明責任が求められています。

virgo堆積土砂の除去については、住民との合意形成が不可欠

先の「撤去技術研究委員会」で、M委員が「アメリカでは撤去をするときにコストをミニマムにするということを目標にしている。すなはち、一時的に環境にダメージを受けても、コストミニマムを目指す。また、下流の漁業関係、環境を守るのは難しいので、多少お金がかかってもやるという選択肢もある」旨の意見を出されています。しかし、これを受けて議論が発展することはありませんでした。荒瀬ダムにおいては、漁業者も沿川住民も「これ以上の除去は必要ない」と主張しているのです。お金がないという熊本県は、お金がないことを理由にして、撤去作業を遅らせるのではなく、撤去の手順、範囲や量については、地元の方たちの意見も踏まえた議論や合意形成の過程が不可欠です。

virgoダム稼働時よりも流下土砂の影響は少ない

ダムが発電のため貯水をしている時は、ゲートを閉じて水と共に土砂も貯めこんでいました。それが洪水時に一斉にゲートが開けられ、一気に下流に流れ出すので、度々甚大な被害を下流に与えてきました。実際、平成14年度に初めて全ゲートが全開された時は下流のだけでなく、不知火海の漁協者も対岸まで押し寄せた濁水の帯に「こんなに酷い放流は見たことがない」と話していました。このように、酷い被害を出す泥土流下が今後起こるとは、一挙にダムを撤去するということをしない限り考えられません。

現在は越流部(エプロン上端)まで水位がありますが、洪水時には堆積土砂は巻き上げられながらかなりな量が流下するものと思われます。また、越流部の撤去も一気に行われるわけもなく、少しづつ撤去されるものと思われますので、土砂の流下具合とその影響を確認しながら、段階的に撤去作業を行うことも技術的に可能だと思われます。

泥土や砂礫の除去が今後も本当に必要か、また、除去する場合の方法・程度についてはまだまだ議論の余地があるように思えて仕方がありません。

|

2010年6月26日 (土)

荒瀬ダムゲート開放から約3カ月

cancerゲート全開から3カ月の変化

今年の4月1日より荒瀬ダムのゲートが順次開放され、3か月が過ぎようとしています。時折、訪問しても、水の色の変化や瀬の出現に驚くとともに、行くたびに感動を覚えます。地元の方の意見も踏まえ、どのような変化が起こっているのか、紹介します。

1)流れが出来たことで、鎌瀬より上流は多くの瀬が復活しています。まだゲートが全開しただけで、ダムのエプロン部分(河床から11m)が残っているために、鎌瀬まではダム湖になっています。カヌーで下った人に聞くと、瀬戸石ダムより鎌瀬までは、初心者には難しい上級コースで1時間30分程度だといいます。Photo ↑藤ノ瀬。鎌瀬橋のすぐ下流。この下の鎌瀬までの瀬が出現している。

2)大雨で水が濁っても、濁りが獲れるのは格段に速くなった。荒瀬ダムのすぐ上流部分でも、かなり深い底まで見えることがあります。Photo_2 ダム湖であることには、変わりないのですが、それでも以前とは全く違う水の色です。

3)堆積土砂が少なくなり、シルト(ヘドロ含め)はすっかりなくなり、砂利やごろごろした石の河原が出現しています。その石も泥がこびりついて白くなっているのではなく、きれいな石です。H220611

4)ダム湖であったところで、瀬が復活したところには、すでにカゲロウの仲間数種類(タニガワカゲロウなど)を確認することができます。

5)むき出しになっていた護岸の上部には、植物が浸入し始めています。帰化植物が殆どですが、イヌタデやアメリカセンダングサなどが浸入しています。Photo_3

cancer写真にみるゲート開放前後の変化

ダムのゲート開放前から撤去に向けての変化を記録するために、現在、数人の仲間と写真の定点撮影を行っています。いずれ、整理してすべてWEB上で別途公開していきたいと考えていますが、そのごく一部を紹介します。

one山の上から見たダムの上流・下流の変化R14h220329 宮坂氏撮影 平成22年3月29日

R14h220608 溝口氏撮影 平成22年6月8日

twoダム下流の変化

水が殆ど流れていなかった下流に、上流からの水がそのまま流れるようになりました。全開されたゲートを通して上流を見ることができます。

H210327 つる撮影 平成21年3月27日

H220606 つる撮影 平成21年6月6日

three鎌瀬橋上流の変化

鎌瀬橋より見た上流です。ダムが出来てから、水害被害を受けるようになった地区の一つです。ゲート全開後、宮ノ瀬が復活しました。

R222h220328 つる撮影 平成22年3月28日

H220606_2つる撮影 平成22年6月6日

|

2010年6月24日 (木)

荒瀬ダム撤去技術検討委員会

club形ばかりの撤去技術研究委員会

今月6月18日に荒瀬ダム撤去技術研究委員会の第2回会合が熊本市で開催されました。結論からいうと、委員の意見をただ聞き置く会のように思えました。Ca3c0130s

この会議の趣旨は、県の設立趣旨によると、「荒瀬ダムの撤去については、全国初の本格的なダム撤去となることから、今後のモデルとなるよう、安全面、環境面の技術を確立するとともに、その過程をきちんと残し、今後に役立てていく必要がある。このため、平成24年度からの本体撤去着工を見据えた「荒瀬ダム撤去計画」を策定するに当たり、これまでの検討結果について、最新の知見やダムを取り巻く環境等の変化を踏まえ、その影響等を改めて確認・検証するとともに、県に対する指導・助言を頂くため、本委員会を設置する。」ことです。

平成14年に撤去決定後、撤去の工法をついては専門委員会が開催され工法の検討を行っていますので、ある程度結論ありきの議論になるのは、仕方がないころもあります。しかし、2年という撤去の空白期間が生じ、また現在はゲートが全開されて、この短い期間に川の様子も変わっています。それを踏まえた議論が進むものと思っていました。

これまでの経過と現状の説明があるのは当然なことです。第1回目は初めての委員さんもおり、いろんな質問や意見が出されています。

参照:企業局HP>第1回荒瀬ダム撤去技術研究委員会資料及び議事録

しかし、第2回目の会合において、第1回目で出された各委員の質問には答えているものの、意見がどう反映されたのかは全く不明でした。また、各委員の質問は専門家の質問とは思えないようなものも飛び出します。また、良い意見をいう委員もおられますが、福岡委員長はその意見をさらに発展させるということは全くせずに、「事務局は意見を反映させるように」「はい、他の意見はありませんか」と次の意見求めることに終始していました。

「環境の変化を踏まえ、改めて確認・検証する」ことも目的なのですが、平成16年に行われてた環境調査の報告内容の説明もありません。

club住民を関与させたがらない委員会

何より酷いと思ったのは、第1回目にも谷口顧問より、「全(専門)委員会でパブコメは取られているのか。また本委員会でとられる可能性はないのか」という質問が行われていますが、これに対する回答はその時もあっていません。今回も鷲谷委員から「地元住民からのヒアリングやフォーラムなどを行って、そこれでの意見を踏まえて議論する方がいいのでは」という意見が出されましたが、これに対し、事務局が「ネットで意見募集を考えています」と県の考えを示しました。しかし、福岡委員長は「必要だという意見はお一人のようなので」と、他の委員の考えも聞いてないのに結論付けて、他の話題に移ってしまいました。

ダム建設前後の球磨川やゲート全開後の球磨川を毎日見ているのは、地元の住民です。土砂除去の是非や必要な場合の個所や方法については、現場をしらない委員より、撤去に当たっては参考になる意見が聞かれることは否定できないものと思います。また、環境の調査については、貴重種がどこにあり、それをどうするかという議論より、何を調べる必要があるかということに対するヒントを多く提供できるのも住民だと思います。とにかく住民の意見は聞きたくないという声が聞こえてくるようでした。

この日の傍聴は住民が2名にコンサル会社の方3名の計5名でした。どうして住民が傍聴しようとしないのか、県も委員長も考えてみるべきです。住民を排除した、現場を知らない委員の議論に何も期待できないからに他ありません。

全国初の大型ダムの撤去に、今後全国だけでなく海外の目も向けられることを考えると、その計画決定の場に住民が参画できない、撤去計画策定の過程はとても残念です。

この委員会は、次回で終わりで、その後撤去計画が策定されますが、その前に住民の意見を聞く場を是非設けてほしいものです。土砂の除去方法や撤去の手順、環境対策など、住民からみたら疑問符が付くところは多くなります。十分な議論もないこの委員会を、撤去計画のお墨付きに利用してほしくないものです。

|

2010年6月23日 (水)

瀬戸石ダムに関する説明会開催

pisces殆どの質問に答えられなかった説明会

6月18日(金)の午後7時から、坂本の中央公民館において瀬戸石ダムに関する説明会が開催されました。まず、今回は、瀬戸石ダムの放流時におかる下流の安全対策に関する説明会であるということが八代市より説明があり、電源開発より、放流の時の水量に合わせて下流に対しどのようなアナウンスがされるかということについての説明がありました。瀬戸石ダムについては、また警報機等の設置が十分ではなく、「車で巡視しながら拡声器で呼び掛ける」ことや、支所などを通じて防災無線で各家庭に通知するなどの対策に関する説明がありました。

しかしながら、その後質疑応答に入ると、住民からの質問には殆ど答えることができません。また、最初に、ダムサイトの高田辺地区の振動被害に関する質問が出されると、「今日は放流時-すなはち下流の住民に対する説明が前提です」と答えようともしません。放流に関する他の質問に対しても、「次回まで調べてお答えします」と、何も答えることができません。結局は、みんな次回までの宿題となりました。H220519 H22年5月19日の瀬戸石ダム

pisces質疑応答要約

Q:瀬戸石ダムは何人が勤務しているのか。

A:平常時は、朝の8時半から17時まで、人が常習している。夜はいない。土日・祝日は一人が監視についている。水位については、24時間人吉で監視している。情報があれば、常に連絡があり、対応している。放流量が2000トンまでは一人24時間体制でいる。放流の前は2名人を人吉から配置する。

Q:例えば5000トンぐらいで何人いるのか。

A:3めいぐらい。放送する人をいれれば4名ないし5名。

Q:放流量が何トンといわれても想像がつかない。例えば、500トン、1000トン、2000トン流れた場合、水位はどのくらいあがるのか?

A:具体的に何トンでどのくらいとはいえない。今いえるのは、荒瀬ダムのゲート全開で水位を下げているので、明らかに今までより水位が上がるということはない。だから、5000トンを流しても、今までより若干下がるか、同じかそういう感覚のところ。

Q:5月23日は急激に水位があってびっくりした。あれで、ゆっくり放流しているということか。

A:通常の操作では、基本的な初期放流の操作ーカーブになっているーこれを守って操作するというルールがある。ダム下流の一番狭いところ(鎌瀬)での水位変動を基準に決められている。今荒瀬ダムで水位を下げているので、遅いカーブになるはずだったが、先月の23日のダム放流は、たまたまそのカーブ以上のものが上流から入ってきたのが事実。そのカーブを守れる範囲での出水であれば、ゆるく操作するが、それ以上の流入があったので、極端な話、ダムからオーバーして流れてしまった。

Q:たまたまと言われるが、今後も大いにありうることではないですか。

A:おっしゃる通りです。

Q:だったら、見直す必要があるのではないか。

A:見直す見直さないという話ではなく、物理的に入ってくる量を出さないというのは無理。

Q:何トン流したら、どのくらい水位が上昇するかということを住民に知らせるべき。情報の開示は今後できるのか。

A:今後はデータの解析とシミュレーションを行いながら(これまでは、してないとのこと)、提示できるようにしていきたい。

Q:瀬戸石ダムに河川法44条は適応されるのか?

A:?????

Q:国交省は瀬戸石ダムに対してどういう支持をしているのか。増水時のカーブというが、下流に害を与える恐れがある時は、ダムの水位を下げておく必要がある。梅雨時には最初からゲートをさげておく必要がある。そしたら、そういうカーブにも対応できるはず。

A:44条に関しては、その具体的なものについてはお答えできませんので・・・。

Q:瀬戸石ダムに関しては、どこまで水位がくるかのシミュレーションはないというが、荒瀬ダムに関してはあるのか。

A(企業局):水位についてはあります。計算上のもので、公に出しているものではない。

A:これまで荒瀬ダムの貯水池があったので、確かに意識がなかったこともあるかもしれない。シミュレーションの指摘もあったので、企業として今後考えて、い尼mで内部だけの規定だったが、今後は皆さんに説明できるように、いろんな資料を整理して常に検証していきたい。

Q:人吉から瀬戸石ダムまで流れてくるのはどのくらい時間がかかるのか?

A:500トン、1000トン、2000トンとトン数によって、時間が変わるので、そこはなんとも答えようがない。

Q:6000トン、7000トンが一番危ない時といわれてきた。その時の速さは分かるのでは。

A:あの5~6000トンで、約20分です。(早すぎる気がします・・・)

Q,先ほど言われた、たまたまの放流のような放流は、過去どのくらいの頻度であったのか?

A:(回答なしのため、「宿題!」の声が飛ぶ。

Q:瀬戸石ダムの放流は市房ダムの放流の影響を受ける。どのような連携をとっているのか。

A:連携については、下流で雨が降れば当然ダム放流ということになるので、下流の渡のデータや流入量を見ながら、ダムの放流量を決める。市房ダムというより、下流のデータを見ながらしている。

Q:市房から連絡がないということか?

A:連絡はある。(連絡はあるが、連携はしてないということのようである)。

Q:荒瀬ダムについては、市房ダムと連携をとってやりますよという話であるが、瀬戸石ダムについては、それがないということであれば、不信感がある。納得がいかない。

A:最低の河川維持流量は?

Q:現在、漁協や土地改良と協議しているが、最低24トンから35トン。

****シミュレーションやいろんなデータの解析をしてこなかったことを素直に認めていますが、あまりにお粗末な回答でした。また、住民もこれまで全ての疑問を企業局だけにぶつけてきましたが、電源開発に対しては、こちらも何の働きかけをしてこなかったことを、強く認識させられた説明会でした。今後この時の住民からの意見を受けて、電源開発がどのように対応していくのか、見極めていきたいと思います。この日多くの質問に答えずに終了していますので、今後も説明会は開催されるものと思います。

|

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »