« ダムが出来てからひどくなった水害(2) | トップページ | 「有識者の会」における意見と記者会見内容 »

2010年3月 1日 (月)

荒瀬ダム 「有識者の会」の問題点

chick問題が多い今日の会議

2月の24日に熊本県が水利権の申請が行われ、その4日後の今日2月28日、九地整は「藤本発電所(荒瀬ダム)の水利使用についての助言を頂く有識者の会」を開催します。5人の委員の選定、日程の調整、資料の準備等々を考えると、申請した時点ではすでに、開催に向けて熊本県と九地整が協議を行い、準備をしていたこと否めません。

また、この会の目的は、過去同意がない水利権の申請の前例、すなはち河川法の第38条による関係河川使用者への通知の前例がないために「藤本発電所の水利使用に関する許可申請の審査に際して必要となる水利使用手続きに係る検討や判断を的確に行えるよう、専門的な見地に立って公平な立場からの助言を行うものとする」とあります。

今日は、企業局から藤本発電所の水利使用に関する現況についての説明や、九地整による「藤本発電所の水利使用による損失の考え方」「関係河川使用者への通知の考え方」に関する説明と質疑応答がありました。しかし、その説明や会の在り方については、多くの問題があるように思います。220228

chick結論ありきの今日の会議

今日の会議はあくまで単なる説明と質疑応答だけで、委員が結論を出すような審議に値するものはありませんでした。例えば「関係河川使用者とは何か」というものについて説明はありましたが、その解釈が正しいかどうかの議論も、関係河川使用者の限定の範囲に関する結論めいた委員の判断もなにもありませんでした。質疑応答が行われただけです。その中で、ある委員からも、「土砂の供給という観点からすると、海面漁協までもと考えていいのか」というような質問がありましたが、整備局担当者は「河川法の規定に基づいてやっていく」と答えているだけです。しかし、最後の担当者の挨拶で、「河川法の第38条に基づき関係河川使用者である球磨川漁協には明日にでも、申請の手続きがあった旨通知を出したいと思います」という結論が示されてしまいました。審議もなく、結論を出すのであれば、一体この「有識者の会」の役割はどこにあったのか、全く不明です。出された質問には「次回示します」というものが殆どで、「次回から本格的な議論が始まるのだな」という印象の中で、「明日、漁協に通知します」の結論はあまりにも唐突というか、すごい違和感があるものでした。

5人の委員からは、今日の説明の不備について多くの質問が出され、今後の本格的な審議に向けての課題にきちんと取り組もうという姿勢が見て取られ、今後の審議に期待も持てただけに、いきなりの結論に戸惑ったのは傍聴者だけでなく、委員の皆さまも一緒ではないかとも思えました。

chick「有識者の会」の位置づけが明確でない

河川法や関係法規において、「有識者の会」の設置に関する条文は見当たりません。しかし、その内容をみると、この有識者の会議において、この許可申請が妥当であるかどうか審査をする場であるようにも受け取られます。しかし、今日の時点では審査に必要なデータや資料は全く示されていません。質問が出されただけで、許可基準を満たしているか否かについて助言を聞く場とするのか、答申を必要とする諮問機関としての位置づけなのか、傍聴していても全く不明です。河川管理者が許可するにあたっては、「社会資本整備審議会」の意見を聞かなくてはいけませんが、この有識者の会との役割分担を明確にする必要があるように思います。S

chick説明不十分なままの結論

例えば、関係河川使用者についても最初から球磨川漁協しかいないという前提で説明をしています。関係河川使用者は、「河川に関し権利を有する者」で内水面の漁業者であることも説明しますが、その内水面に八代漁協が漁業権を持っていることは説明しません。また、マスコミが「意見をいうことができるのは、通知した関係河川使用者だけですか」と聞くと、平気で「そうです」と答えます。

何より、熊本県が八代漁協に説明に来た時に、八代漁協は企業局に対し、「内水面に漁業権を所有する」ことを伝えており、企業局も「知事の伝えておく」と回答したものの、その主張は無視したままの水利権申請でした。また、河川の管理者である国交省が、自分が管理する河川にどの漁協の漁業権が設定されているか知らないはずはありません。意図的に関係河川使用者から除外したと取られても仕方がありません。

そのくらい今日の会議は、「関係河川使用者は球磨川漁協のみ」という結論づけを急いでいるような印象がありました。

今日の天気:sun

|

« ダムが出来てからひどくなった水害(2) | トップページ | 「有識者の会」における意見と記者会見内容 »

荒瀬ダム問題」カテゴリの記事