« 2008年12月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年2月

2009年2月20日 (金)

球磨川河口のアサリと荒瀬ダム

cancer球磨川河口のアサリ

球磨川河口では4月になるとアサリ漁が始まります。私たちが河口の干潟で自然観察をしていても、アサリはよく目につきます。Asari1

輸入物のアサリに比べると、八代海のアサリは表面の模様はとても変化があり、美しさを競っているように思えて、「もっと違う模様はないか」と考えながら、干潟の観察をしています。

特に、稚貝の時はコントラストがとても鮮やかで、1cmにも満たない稚貝はとても可愛く、何度見ても感動するものです。Asaritigai

cancer必死で生きる稚貝

産まれて、海水に放出されたアサリ(幼生)は、2週間ぐらいはプランクトン生活をしています。熊本県立大学の堤裕昭教授によると、アサリの幼生は産まれた干潟に戻ってくるよりも、他の干潟で産まれた幼生が潮の流れに乗って、他の干潟に降りる方が多いということです。すなわち、球磨川河口のアサリは、他の干潟で産まれているとのこと。干潟に定着するころのアサリは僅か0.2mmほどで、砂粒より小さく、肉眼では見えません。干潟で流されないように足糸を出すのですが、泥干潟では、しがみつくものもありません。稚貝が定着するためにも砂が必要です。また、その後も大きくなるためには、成長に適した環境が必要です。

cancer稚貝の段階で死んでいる球磨川河口のアサリ

荒瀬ダムが出来てからアサリは段々取れなくなりましたが、河口の漁業にとっては、それでもアサリは大きなウェイトを占めていました。それが、平成13年にはばったり取れなくなりました。八代市が堤先生に調査を依頼して、調べてもらった結果、春には大量にいたアサリの稚貝が、梅雨の時期や台風の時期にまったくいなくなることが分かりました。Asarigyokaku

cancer原因は塩分の低下とヘドロの堆積

堤先生が調査をした結果、二つのことが分かりました。一つは梅雨や台風の大雨の時に、大量の淡水が流れ込むことによって、塩分濃度はゼロ近くまで低下していること。海水の塩分は33ですが、それが、4.6ぐらいまで低下。これではアサリだけでなく、海の生き物は生きていけません。もう一つは大量の泥―それもダム湖に堆積していた泥ですから、大量の有機物を含んだヘドロです。これが大雨の時に一気に放流されるために、アサリは窒息してしまうのです。

cancerダムの放流水と自然の大雨との違い

海面漁協の漁師さんに自然の大雨による淡水流入とダムの放流による大量の淡水流入とは、どうして違うと分かるのですかと聞いたことがありますが、以下のように説明されていました。

自然の大雨は、流木やゴミが少ない。流れてきてもバラバラにくる。しかし、ダムが放水すると、川から海に一気に流れ込んでくる淡水の一番先端にゴミや流木が集まっている。また、先端が波のように立ってくる。

ダムがない時は、砂が混じっている淡水が少しつづ流れくるので、アサリが上に上がってくる余裕があるが、ダムが放流すると、一気に大量の泥がかぶさり、その上に砂も少ないので、上にも上がれないので、窒息してしまう。また、水の勢いが強いので、一気に流されてしまう。

とても、分かりやすいですね。

cancer戻りつつある砂干潟

大量の淡水とヘドロ流入の原因がダムにあることは否定できません。しかし、3年前からまたアサリが徐々に干潟に戻ってきています。平成14年から、予定されていた荒瀬ダム撤去の準備のため冬場の3か月ゲートが全開されてきました。球磨川の河口干潟を歩いていても、以前は歩けなかった泥干潟が、どこまでも歩いていける砂の干潟に変わってきていることは実感できます。砂地を好むハマグリやオサガニなども確実に増えています。アサリが戻ってきたことと、荒瀬ダムのゲート全開の関係はきちんと調査されていませんが、調査もせずに、撤去をした時の、経済効果は数値で表せないとして、撤去の効果を考えようともしない熊本県の態度は、大いに問題があります。

今日の天気:cloud

| | コメント (0)

2009年2月12日 (木)

球磨川の天然青ノリ

天然、天日干しの良質の球磨川青ノリ  ※入手方法を最後に紹介しています。

cancer荒瀬ダムと瀬戸石ダムのゲート全開で良質の青ノリが

毎年冬になると、球磨川の河口では青ノリの採取が始ります。内水面漁協である球磨川漁協の組合員は川底の石に生えている青のりを採取しています。

青ノリの生育は気温や水質などに影響されます。荒瀬ダム撤去が予定されていましたので、平成14年から毎年冬季にゲートを全開してきました。全開前と比べると青ノリは大変生育が良くなっています。特に今年は水温が低いせいもあってか、とても良質のノリがとれています。下流の八代市でも水の透明度が高く、採取後に水洗いをする必要もないぐらいきれいです。香りも味もとてもいいものが採れています。Aonori

荒瀬ダムの撤去が決まり、冬季にゲートを全開するようになった平成14年は、それまでダム湖に貯まったヘドロが一気に流され、青ノリは全滅しました。しかし、あらかたヘドロが流されてしまうと、上流からのきれいな水が河口まで届くようになり、青ノリはぐんぐん成長しました。その時のことは漁師さんも「これまで青ノリは30cmぐらいしか伸びないものと思とった。しかし、今年は2mにもなった。こんなことは初めて」と述べていました。その後2~3年は、上流の山腹崩壊もあって、球磨川の濁りがひどくなり、青ノリの生産にも影響がでましたが、その後だんだん元に戻り、今年はとてもきれいな水が流れています。荒瀬ダムが撤去されると毎年こんなにきれいな青ノリが取れるのにと、蒲島知事のダム存続の判断をうらめしく思いました。Norisaisyu2Aonorihune

天然青ノリの採取は主に、船から採取する方法と、水に入って採取する方法があります。また、もっと河口では海面漁協が養殖も行っています。しかし、いくら良い青ノリが採れても、採取後の処理の仕方によって、品質には大きな差がでます。採取後できるだけ早く乾燥させる必要がありますので、翌日の天気が晴れることを予想して、採取をします。また、干潮時に採取しますので、採取時間は昼であったり、夜中であったりまちまちです。太陽に干すことによって、香りも味も更に良くなります。Aonoritennpibosi_3

cancer天然の青ノリの入手方法

球磨川を守るための活動をしている「やつしろ川漁師組合」では、球磨川漁協の組合員が採取し、天日干しした天然の青ノリを販売しています。ご希望の方は下記までご連絡l下さい。Aonorisyouhinn

★連絡先:やつしろ川漁師組合 毛利正二

電話090-8834-1533

FAX:0965-32-7140

E-mail:crane938@yahoo.co.jo

★価格 25g 750円、50g 1400円

※郵送の場合送料は別です(25g 120円、50g 140円)

cancerおいしい青ノリの利用法

★粉末にして、焼そばやお好み焼き、グラタンなどにかける

★醤油を少量たらして、ご飯と一緒に食べる

★味噌汁や中華スープ、吸い物に加える

★2~3cmに切って、他の材料と卵とじにする

★他の材料とともに、カキ揚げにする。

★天ぷらの衣に混ぜる。

★5cmぐらいの束にして、薄く衣をつけて、天ぷらにする。

※その他、いろいろ工夫してご利用ください。

===今日の天気:sun

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年4月 »