« 不十分な荒瀬ダム存廃の検証 | トップページ | 昔の球磨川・・・漁師さんの証言(1) »

2008年11月19日 (水)

アサリと干潟の砂の関係

砂の割合を利用して行う「泥選別」

荒瀬ダムが出来てから、干潟が後退しただけでなく、砂が少なくなったというのは、多くの漁師さんが証言されるところですが、アサリと砂の関係について、漁業者に聞いてみました。

cancerアサリの漁期について

 八代漁協の場合、アサリの漁期は3月の終わりから、11月ぐらいまでです。8月の暑いときはアサリがすぐ弱るので、1か月ぐらい(二潮ぐらい)休みにします。冬は夜しか潮が余り引かなくなるので、あまりしなくなるということです。1か月のうち、漁ができるのは、少ない時で10日~14日、多い時で20日ぐらい。干潮の3時間に漁場に出かけ、舟の上で、生きているアサリと死んでいるアサリを選別します。その砂選別の経験から、アサリと砂の関係を説明していただきました。

cancerアサリは砂がないと、海で溺れる

Asarisuna ①アサリは通常砂の中に立って、水管を伸ばして呼吸をしています。少々の土砂やヘドロが上にかぶっても、水管を伸ばして呼吸をして生きることができます。

②大量に泥をかぶっても、ある程度の割合の砂が入っていると、比重の関係でアサリは浮上して、上に上がってくることが出来るので、生きていくことができます。

③ところが、砂がないと、浮上できずに窒息して死んでしまいます。

このことを利用して、アサリの選別を行います。

cancerアサリの泥選別

泥選別とは泥選別は生きた貝と死んだ貝を振り分ける方法です。泥と砂をある割合で(感で)入れると、比重がほぼ1.4の泥になるそうです。その中にアサリをいれるのですが、

○貝殻だけのは、泥選別にかける前に、取り除きます。

○口を閉めて、死んだ貝は、泥の上に浮いてきます。

○中に泥を詰めて、死んでいる貝は、沈んだままです

○生きている貝は、水面ぎりぎりに浮いてきますが、泥の上に浮くということはなく、泥の中です。

○貝殻が割れた貝(ジョレンで傷つけた場合がほとんどで生きている)は、変な浮き方をする。経験から分かる程度。

・・・ということで、4つの場合が判別できるということでした。

Dorosennbetu 泥選別の様子です。なんか旧式の方法のように思えましたので、「まだやっている漁師さんがいるのですか」と聞いたら、「新しい方法なので、みんなやっている」と。平成4年ぐらいに、金剛の漁師さんたちが有明から習ってきたそうです。これを考えた有明の漁師はすごいといわれます。

今金剛では1日60kgに収穫制限されていますが、選別するのに、20分ぐらいだそうです。それまでは、左の掌に10個ぐらいづつアサリを載せて、右手で死んだ貝をなどを取り覗いていたといいますので、見ただけでは死んでるかどうかわからず(中に泥だけ詰まっていたりする)とても時間がかかっていたそうです。

今日の天気:cloud

|

« 不十分な荒瀬ダム存廃の検証 | トップページ | 昔の球磨川・・・漁師さんの証言(1) »

不知火海」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1130116/25471766

この記事へのトラックバック一覧です: アサリと干潟の砂の関係:

« 不十分な荒瀬ダム存廃の検証 | トップページ | 昔の球磨川・・・漁師さんの証言(1) »